今年デビュー10周年『篠崎愛』が悩み多き男性を応援!! 驚きの歌唱力で12,000,000人<※1>の男性を虜にする! ついに解禁新CM!

全国で40院(提携先含め)を展開する『AGAスキンクリニック』は、この度、グラビア界で大人気の篠崎愛さんをイメージキャラクターとして起用。6月27日より篠崎愛さん出演の新CMを放映開始いたします。
これまでグラビア界を沸かせて来た彼女は、豊満なボディーと童顔なルックスで多くの男性ファンを虜にしてきましたが、今度はAGA<※2>(薄毛)で悩む多くの男性を応援するため、CMソングとして驚きの歌唱力を堂々と披露します。魅力満載のCMや篠崎愛さんがカウンセリングしてくれる「体験Web動画」はファンならずとも必見です。

<※1> 2015年AGAスキンクリニックの調査より。全国20歳以上の男性(n=1,030人)に行った調査から、「薄毛に悩む人が約12,000,000人」にいることが判明。
<※2> AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です 。

■CMコンセプト
薄毛で悩んでいる人の多くは、その悩みを一人で抱え込む傾向があります。
そんな誰にも言えない悩みに対し、精一杯応援するというクリニックのポリシーを表現するため、クリニックの化身として篠崎愛さんがナース姿で登場、情熱のこもった声で応援歌を届けます。

■CMの内容紹介
AGAに悩みながらも毎日を必死に生きている男性に向けて、応援歌を心込めて歌う、篠崎愛さん。暑くてもヘルメットを脱ぐことをためらう男性、急な雨に濡れた髪を気にするビジネスマン、プロポーズに踏み切れない若者・・・。
そんな彼らの背中を押すかのように、どこからともなく美しい歌声が心に響き、ふと空を見上げる男性たち。「チャンスは自分で切り開くもの」そんな決意をさせる篠崎愛さんの透明感溢れる応援歌が、街の空を染めて行きます。

■CMの撮影秘話
今回のTVCMの最大ポイントである篠崎愛さんの音楽録音の日、ワンテイク目の彼女のその歌声と表情にスタッフ全員の心が震えました。そして次の瞬間このCMの成功をほぼ確信しました。
また、男性陣のキャスティングに関してリアリティに徹底的にこだわり、最終的には本当にAGAに悩んでいるメンバーを集めました。ある意味このCMはドキュメンタリーでもあるのです。
そしてこのCMの隠し味として、雨篇のワンシーンでAGAスキンクリニックの麻生統括診療部長が、通行人の役でチラリと登場します。AGAの男性に、そっと優しい目を注ぐそのシーンにも注目。クリニックスタッフ、そして制作スタッフ一同、朝4時からの撮影。そして2日間都内4箇所でのロケを敢行、全員の思いが詰まった作品が完成しました。

■CM楽曲「ラストチャンス」
悩みを抱える男性たちが最後にたどり着く砦、それがAGAスキンクリニック。
そんなイメージを表現する上で、この“ラストチャンス”の歌詞とメロディがぴったりと重なりました。男性の歌詞をあえて女性の篠崎さんが歌い上げることで悩める男性たちに勇気と希望を与えます。

■Web動画「篠崎愛カウンセラー」篇 ~もしも私がAGAのカウンセラーだったら~

AGAスキンクリニックのwebサイトだけで見れるスペシャル動画をこの度作成しました。
それは、篠崎愛さんがカウンセラー役となり、AGAの初期診断(カウンセリング)をしてくれるもの。こちら、単なるムービーではなく、見ている人が実際にクリニックに行っているような感覚になれるスペシャル動画となっています。
あなたも一度、篠崎さんにカウンセリングされてみては?

 

 

男性型脱毛症には外用薬である「ミノキシジル」か?それとも内服薬である「プロペシア」か?

男性型脱毛症(AGA)には、有効な治療薬として外用薬と内服薬の2種類がありますが、男性型脱毛症治療により発毛効果が期待されるのは、外用薬と内服薬のどちらなのでしょうか?

 

 

外用薬として知られているのは、大正製薬から販売されている『リアップ』という治療薬があり、このリアップには「ミノキシジル」という成分が配合されています。しかし、この成分は始めからAGA治療薬として使用されていたわけではなく、初めは血管を広げる役目を持つ血管拡張剤として1960年代にアップジョン社(現在のファイザー)が開発したもので、主に経口型高血圧剤として使用され、その後この成分に髪を育成してAGAを改善させる効果があることが分かり、1980年代にAGA治療用として販売し始めたのです。しかし、高血圧のような内服薬としては副作用があるとされたため、頭部に塗布する液状外用薬として販売することになり、2%が配合され、日本以外では販売されているものに「Rogaine=ロゲイン」があります。

 
この外用薬の副作用として、一般的なものに頭皮のかゆみがありますが、これは治療薬に含まれるプロピレングリコールと呼ばれる成分が引き起こしているとされ、この成分に対するアレルギー反応がしばしば見られます。また、多量配合の成分によって低血圧を引き起こす可能性もあり、原因として日焼けした頭皮に使用することで起こることが多く、ワセリンやトレチノイン配合のものと併用することで、頭皮への治療薬の吸収率を過剰に上げてしてしまうことが起きるとされており、後に販売が開始された5%配合の『リアップX5』などを使用する場合は、なおさら注意が必要です。また、女性用の脱毛症治療薬も販売されていますが、授乳中の女性の使用は禁止されており、それは成分が母乳にも移行してしまうため、乳児が生育するために必要な成長因子と共に、さまざまな副作用をもつ治療成分まで吸収してしまうからです。

 
内服薬として知られている治療薬に『プロペシア』があえい、この製品はアメリカのメルク社が開発した抗アンドロゲン薬の一つで、これもまた当初からAGA治療薬として販売されていたわけではなく、前立腺肥大症の治療薬として用いられていました。プロペシアの成分は「フィナステリド」と呼ばれるもので、DHT(ジヒドロテストステロン)が前立腺の受容体と結びつくことで、前立腺肥大や前立腺がんを招きますが、このDHTをフィナステリドが阻害し、前立腺を正常な発育に導いていく効果があることが分かり使用され、後にAGAにも効果的であることが分かったため、治療薬としても使用されるようになりました。プロペシアは、前立腺疾患に使用される量よりも低用量であるため少なく、国内臨床試験では1mgのプロペシアで胃の不快感や性欲減退があり、6%程度でも特に重篤な副作用は確認されていませんが、ある製薬会社では頻度は不明ながらも、肝機能障害が起こり得るとも言っており、さらに勃起不全や射精不全などのED症状も起こる可能性もあるとしています。

 

 

この2つの治療薬の効果や副作用を見てきましたが、どちらが効果的なのでしょう?結果として、プロペシアは飲む育毛剤としては高い効果があるとされている治療薬ですが、脱毛の原因を抑える効果は持っていても、発毛を促進させる働きは持ち合わせてはいませんが、一方のミノキシジルは、AGAの効果としてはプロペシアには劣るものの、発毛を促進させる効果を持った育毛剤なので、プロペシアを試しても効果が得られなかった方には有効かもれません。また、ミノキシジルとプロペシアを併用するという方法もあり、この方法は2つを同時に使用しても人体に有害でないとされており有効的な方法で、内服薬と塗布薬の両方が持つそれぞれの特性を生かすことで、髪を効果的に増やすことができるのです。プロペシアで髪の毛を育成して抜け落ちないようにし、ミノキシジルでその髪を成長させていくのです。

 
プロペシアもミノキシジルもどちらも医薬品という種類になるので、ドラッグストアなどで簡単には手に入らず、医療機関で医師の診断を受け、使用しても問題がないとされてから使うようにし、それと同時に頭皮に使用するシャンプーも育毛専用シャンプーに変更したり、食生活では脂質が多い食事は皮脂を多く分泌させてしまうので、野菜中心に変えていくなどすることで、さらに発毛を促進させることができます。

「喫煙」「睡眠不足」「偏食」「頭皮の脂」と男性型脱毛症の関係とは

は誰もが薄毛になることは精神的な苦痛を伴うもので、特に日頃から仕事やプライベートで人と会う機会が多い人にとっては大変ストレスが溜まりますし、どうにかしてこの症状を改善できないかと思い悩むことも多いでしょう。薄毛を誘発する原因には数多くのものが考えられますが、その中で最近特に医学的な見地から注目を集めているのが男性型脱毛症と呼ばれる症状で、これは別名AGAとも呼ばれていますが、主に男性ホルモンが過剰な働きを起こすことによって頭髪の健康的な成長を妨げるような物質を分泌してしまうことによって、次々に頭髪が成長しきらないまま次々と抜け落ちてしまい、額の両サイドや頭頂部、またはその両方の部位において地肌が見えるほどの薄毛が進行していってしまいます。

 

 

この症状を改善するためには個々の日常的な対策よりもいち早くクリニックなどを受診して、医師の触診や問診を受けた上で、然るべき特効薬を処方してもらうのが一番であり、たとえばプロペシアという飲み薬は男性ホルモンの過剰な働きを抑えることによって頭髪の成長を阻害する物質が出るのを抑制することが可能になりますし、一方、ミノキシジルという薬は外用薬や服用役によって頭皮を流れる毛細血管を拡張することで頭髪の成長に必要な栄養素がしっかりと流れるように環境整備して、毛母細胞が栄養不足に陥らないようにすることができます。これとはまた別に、男性型脱毛症の原因にならない要因というものがあり、これらは日常的な薄毛を引き起こす要因にはなり得ますが、男性型脱毛症の直接的な原因にはなりませんので、この病気の治療のために様々な生活習慣などを改善したところで根本的な治癒に向かうことができず、両者はしっかりと分けて考える必要があり、そのためにも専門の医師の診察によってきちんと交通整理をしてもらう必要があるのです。

 

 

それではこの男性型脱毛症の原因にならない要因にはどのようなものがあるかというと、まずは喫煙やお酒の過剰な摂取が挙げられ、前者はニコチン、後者はアルコールを過剰に体内に取り入れることによって頭皮の血めぐりが悪くなり毛細血管が十分に栄養分を運搬することが出来なくなってしまうと言う状態が起こります。また、よく言われるのが頭皮の脂であり、特に毛穴にこれらの脂が詰まったり、あるいはフケやゴミなどが毛詰まりを起こすことによって頭髪の成長を妨げたり、血流を妨げることになることも薄毛の原因として言われ、この場合にはスカルプシャンプーなどを使って効率よくこれらを取り除くことで発毛効果が得られるとも言われます。

 

 

さらに睡眠不足も薄毛の原因になるというのも定説であり、そもそも人間の頭髪は自律神経が休まって副交感神経が動き出す睡眠時によりよく成長すると言われていることから、この睡眠時間が極端に不足すると薄毛が生じやすくなってしまうとも言われています。また、これに加えて仕事や人間関係で受けるストレスなどがホルモンバランスを狂わせたり、血めぐりを悪くさせるなどして薄毛を引き起こすケースも報告されており、これにストレスを解消する効果のある睡眠不足が関わってくるとなおいっそう薄毛を促進することになりかねません。

 

 

さらに偏食もまた一つの要因を占めるもので、外食や飲み会などが多いとついつい脂っこいものばかり口にしてしまい、それによって摂取したものがそのまま頭皮の脂として放出されてしまうケースも少なくありません。また、薄毛の改善にはワカメが効果的とよく健康食品などを中心に取り上げられることもありますが、確かにワカメや昆布などに含まれる成分は薄毛解消に役立つものがあることは確認されてはいるものの、これが男性型脱毛症という病気の領域に入ってくると全く改善効果はありませんのでいくら摂取したところでそれはあくまで生活習慣的な部分における薄毛の改善に留まってしまいます。

 

 

以上、挙げてきたような事例はいずれも生活習慣由来の薄毛の改善には効果はあっても、これにAGAが関与している薄毛となるといくら努力したところで一向に効果が見られず無駄な努力となってしまいます。この病気は唯一ホルモンが原因であり、このホルモンの過剰な働きをいち早く止めて、頭髪の成長を阻害する物質が出来るのを阻止しなければ薄毛改善の効果は見られません。こうした専門的な治療が必要となってきますので、いくら自分自身で努力したところで限界があり、まずはクリニックの信用できる医師のアドバイスや処置を受けることが最善の道といえるのです。

男性型脱毛症のセルフチェック方法とは

誰もが自分の頭髪の現状やその将来について考えた時に、薄毛に関する心配やその兆候について思いを巡らすことがあるはずで、万が一にもその症状があらわになってくると、対人的にも自分の外見にどこか自身が持てない状況が続きますし、また精神的にも自分の姿を鏡で見つめるたびに常にひとつの心配事として心を重くさせる原因にもなりかねません。こういった薄毛症状をもたらす原因には実に様々なものがあり、たとえば洗髪の際に頭髪のみを綺麗に洗って頭皮の汚れを取ることを念入りに行っていなければ、毛穴に皮脂やフケ、ゴミなどが詰まってしまいそれが血行を悪くさせたり、頭髪の成長を妨げることにもなりかねないものですし、さらに生活習慣は薄毛の大きな原因となるものでアルコールやニコチンの摂取、仕事や人間関係のストレス、睡眠不足、脂っこい食べ物ばかりに集中した食事などはすべて頭皮環境を著しく悪化させる原因をはらんでいるものですので注意が必要です。

 

しかしながら、これらとは全く別の薄毛を引き起こすものとして男性型脱毛症という病気が存在し、これがひとたび発症すると個々人の注意や生活改善などでは全く改善されることがなく、必ずクリニックを受診して医師の診察やアドバイスを得る必要が出てくることでしょう。この男性型脱毛症と呼ばれる病気は別名AGAとも言われ、男性ホルモンが著しく活発に作用することによって徐々に頭髪の成長を妨げる物質が出来るのを助長してしまうことによって薄毛が引き起こされるわけですが、この禿げ方にも極めて大きな特徴があり主に前頭部の両サイドや頭頂部、あるいはその両方が同時に薄くなっていくことが多いようです。

 

ですから、もしも薄毛に見舞われてこれを改善しようと思った時に、これまでの生活習慣を出来るだけ改善したり、頭髪や頭皮の洗い方を改善したりしてみたものの一向に効果が見られないという時にはこの男性型脱毛症を発症しているケースが多いのですぐにクリニック受診を行い、医師によって男性ホルモンの過剰な働きを抑えるプロペシアという飲み薬の処方や、これに加えて頭皮に栄養素を運搬する毛細血管の血行を改善するミノキシジルの内服薬や外用薬を続けることが大切となってくるわけです。

 

ということもあって、薄毛に悩んでいる時にはまずこの薄毛を引き起こす原因がはたして男性型脱毛症なのかかどうか可能性を疑うことも必要で、それを明らかにするためにはまずもってその兆候を見極めることが大事ですから、何よりもセルフチェック方法が欠かせないものとなります。まずここでチェックしたいのが遺伝的な要因であり、親戚に薄毛の人がいないかどうかです。とりわけ父親がそうであるとまさにその可能性が高まりますし、また祖父が薄毛の場合にも隔世遺伝によって自分に回ってくる可能性が高いので気をつけた方がよいでしょう。また、自分の毛質についてしょっちゅう抜け毛や起こっていたり、うぶ毛タイプのものが多かったりすると、もしかすると男性ホルモンの影響できちんと栄養分が補充できていなくなっている可能性が浮上してきます。それゆえ、だんだんと頭髪の成分が弱体化していく流れてこのような抜け毛が起こったり、うぶ毛になったりしていくのです。
それに自分の成長過程における頭髪のコンディションを振り返った時に、もしも思春期以降に大きな変化が起こっていたとしたら、それはやはり男性ホルモンと大きな関わりを持ったものかもしれず、特に昔は硬かった頭髪がいつの間にか軟毛化の傾向に陥っているとすれば、これもまた男性ホルモン由来の薄毛に陥っていく可能性が高いとして極めて注意しなければなりません。男性型脱毛症のセルフチェック方法としては、まず鏡で自分の頭髪をチェックした上で、もしも前頭部、頭頂部に薄毛の進行の気配があるようでしたらいち早くクリニックを受診してみることが必要ですし、またそれらがまだはっきりとした薄毛症状までにはいたっていなかったとしても、前に挙げたような抜け毛やうぶ毛、そして軟毛化が認められるのだとしたら、近い将来に抜け毛およぶ地肌が見えてしまうような薄毛に発展していく可能性が高いですので、これもまた早急なクリニックの受診が必要になってきます。

 

このような病気はいち早くその可能性を感じ取って対処することによって効果的な手を打つことが可能となりますので、大きな症状が定着化する前に飲み薬などでコントロールしていくためにも、日常生活の中で兆候を見極めるセルフチェックは極めて大切なものと言えるのです。

薄毛の進行パターン(ハミルトンノーウッド分類・ルードヴィヒ分類)とは

AGAとは男性型脱毛症のことで、この悩みを抱えている方は全国に多く存在していて、そのうちの半数近くが直接的な対策を行なっていることが調査などで明らかになっているのですが、薄毛にもさまざまな種類があるため、自分の症状が男性型脱毛症に該当しているのか調べるには、自宅で行える検査キットや専門クリニックを受診してAGA検査を受ける方法がありますが、男性型脱毛症は症状が進行していくのが特徴なので、すでに頭皮が薄くなっている場合には、進行パターンから自分がAGAに該当しているのかを確認することもできます。

 
AGAの薄毛の進行パターンは「ハミルトン・ノーウッド分類」というもので、頭頂部が徐々に後退していくタイプ、前頭部から後頭部にかけて進行していくタイプ、髪の生え際から発生するタイプなど、それぞれ薄毛が始まる部分と進行の度合いによって1~ 7の型に分類されているもので、この分類には女性男性型脱毛症であるFAGAにも存在していて「ルードヴィヒ分類」と言われています。ハミルトン・ノーウッド分類では、生え際がM字に薄くなるⅠ型、Ⅰ型がさらに進行してMが深くなるⅡ型、Ⅱ型が進んでM字以外の部分も薄くなるⅢ型、Ⅲ型に加えて後頭部が薄くなるⅣ型、Ⅳ型が進行したⅤ型、後頭部と前頭部の薄毛がつながって頭頂部が完全に薄くなるⅥ型、Ⅵ型の進行形で側頭部が薄毛状態のⅦ型がベーシックな進行パターンとなり、前頭部に加えて後頭部が薄くなってきたパターンをVERTEX型と言います。
一方女性の薄毛であるFAGAの進行パターンのルードヴィヒ分類では、頭頂部や正面から見て毛髪量が全体的に少なくなってきたⅠ型、Ⅰ型がさらに進行したⅡ型、脱毛の範囲が後退して男性型脱毛症のような症状が見られるⅢ型、発毛に関わる組織の毛包が壊れたことで毛が生えてこなくなる「瘢痕性(はんこんせい)脱毛症」を発症するⅣ型、ホルモンの分泌異常や薬の影響で脱毛したⅤ型といった仕組みに分けられています。
男性型も女性型も初期の段階では気づくことが難しい点がありますが、早い段階での対処は薄毛の症状を抑えて脱毛症の進行を食い止めることに役立つので、薄毛が気になり始めたら早めに対策をとると安心できます。初期の段階の治療法としては、育毛シャンプーや育毛剤などの頭皮をケアするのに特化した製品を利用したり、生活習慣を見直してストレスを軽減したり、毎日摂っている食事の栄養のバランスに気をつけることなどがあります。毎日AGAやFAGAに適した対策をとることで、薄毛の進行を抑えて発毛を促すことになり、毎日のケアもシャンプーや育毛剤の塗布などであれば、それほど負担にならずに行なえるので薄毛対策を継続できる確率が高くなり、それがさらに症状の改善につながるのです。

 

進行パターンからも分かるように、一度発症してしまうと薄毛はどんどん進行していき、後期の段階では治療方法もより高度な対策が必要になるため、薄毛対策の負担は初期の段階に比べると大きくなってしまいます。Ⅴ型くらいになってくると、治療効果を発揮するにはクリニックを受診して専門的な治療を受けることが症状改善のためには重要になり、通常の薬剤に加えてHARG療法などの毛髪を再生させる医療などを併用して受けるようになるため、日々のケアにプラスして、定期的にクリニックに通院する必要が出てきます。さらにそこから症状が進んでしまうと、残念なことに毛母細胞が死んでいるケースもあり、細胞が死んでいるので、いくら投薬や再生治療を行っても効果が期待できない場合もあります。

 

こうした最後の段階になると、植毛をしたりかつらを利用するといった選択になるのですが、日頃受けるストレスを軽減する作用としては、こうした解決策も十分効果的な方法だと言えます。しかし植毛やかつらなどは、スカルプケアなどから見ると大変高額な費用になり、なかなか利用に踏み出せないこともあるため、薄毛初期の段階でAGAやFAGAの疑いがある場合には、まず自分の薄毛がAGAやFAGAに該当するのか確認して、適切な治療を受けることがポイントとなります。脱毛症にはさまざまな原因によるものがあり、もしも他の脱毛症であった場合には、AGAやFAGAの治療を行なっても効果が上がらないことがあるので、症状を改善していくためには、まずは原因をしっかり探ることが薄毛の抑制とその後の発毛に大きく関係してきます。

男性型脱毛症の発生と遺伝要素

いつまでも若々しく洗練された見た目で居たいというのは、いつの時代も人間の願い。女性はもちろん、男性だって年齢よりも自分が老けて見えることは良く思いませんし、女性の場合は肌などのトラブルにそういった問題が現れやすいですが、男性の場合は肌や体調の変調などよりも、頭髪にそうした変化が現れることが多いでしょう。むしろ、女性よりも男性の方が頭髪の悩みに関してはよりシビアに考えているといえ、抜け毛などの頭髪のトラブルの解決に関する市販品の多さから考えても、そのことが明確であることが窺えます。

 
こうした男性の抜け毛は、かつては致し方のないことだといわれておりましただが、最近では科学的な根拠に基づいた治療法が数多く存在しており、そうした医学的な抜け毛に対するアプローチにおいて抜け毛は男性型脱毛症(AGA)として扱われます。男性型脱毛症脱毛症は男性ホルモンのジヒドロテストステロンとアンドロゲン受容体の作用によって発生します。このホルモンと受容体の結合には、特殊なDNAの三次元構造が関与しており、結果だけ見ると男性型脱毛症の発生確率は幾つかの遺伝要素によって決定されているということになり、AGA遺伝子検査ではDNAのなかの要素CAG、GGCのリピート数を検査することにより、とても簡単にAGAの発生確率を検査することができ、この検査はお近くのAGA専門病院やAGAドックなどのAGAに関する医療施設で利用することができますので、自分の男性型脱毛症のリスクが気になるという方はぜひ利用してみましょう。さらに具体的に説明すると、AGA遺伝子検査におけるCAG、GGCのリピート数は男性ホルモンの感受性の大小を表しており、つまるところCAG単独のリピート数が少なければ少ないほど単純に考えるとAGAの発生率が高いということになりますが、これはあくまで確率のお話なので、CAG単独のリピート数が多くても必ずAGAになるというわけではないのでそういった点を留意しましょう。

 
しかし、そうしたAGA遺伝子検査を行って脱毛リスクが高いと診断されてしまった場合は、きちんと的確な処置を行う必要があり、そうした場合にはAGA専門病院やAGAドックなどのアドバイスを仰ぎながら、プロペシアなどの薬の使用を検討してみると良いかもしれません。プロペシアはとても強力なAGAの対抗処置でフィナステリドの感受性によって効果が異なりますが、プロペシアの投与によって劇的にAGAの症状が改善するという場合もありAGAの対処としては多く利用されていますが、もちろん強力な薬のため人によって体の調子を狂わせてしまう場合もあり、幾つかの副作用も報告されているので利用する際には自分の体の調子を考慮しながら、ほかの効果のマイルドな薬などを考えてみるとよいでしょう。

 
こうしたプロペシアの様な薬の投与によって、AGAの症状は改善することができますが、AGAの発生確率はCAG単独のリピート数だけではなくGGCという遺伝子のパターンも関与しており、一概にプロペシアとその代用薬だけですべてを解決できるとは考えない方が良いでしょう。しかし、AGAの遺伝要素は一過性の存在ではなく、プロペシアの良く作用する感受性の低い人の他にも、男性ホルモンの量が多い、すなわち感受性の高い方もいるので、そうした方に対してはプロペシアによる劇的な症状の改善は見込めないという可能性もあるので、地道に治療を続けながらAGAと長く付き合ってゆくことが大切になり、またそのうえ、AGAに関する遺伝要素の検査では、GGCの遺伝子のパターンはCAG単独のリピート数とその出現回数を合計することによって、どれだけ若年でAGAになりやすいかを判別することができ、自分の脱毛リスクがいつ高まるのかを判断することが来ます。

 
このようにAGAにたいして医療的なアプローチをすることによって、それぞれの遺伝要素に合った的確な対処法を行うことができ、より根本的なAGAの治療につなげてゆくことができます。また、さきほど紹介したAGA専門病院やAGAドックなどでの脱毛リスクのAGA遺伝子検査は、こうした専門店だけでなく簡単な遺伝子検査キットを利用することで自分でも行うことができ、遺伝要素はその性質上一生涯配列を変えることがないので、AGA遺伝子検査は生涯一度だけで、脱毛リスクを確認することができます。

女性薄毛の女性男性型脱毛症(FAGA)が起こる原因とその対策

男性の悩みに多く挙げられる男性型脱毛症はAGAと呼ばれ、薄毛回復の治療のためにさまざまな研究機関で治療方法の探索や薬剤の開発が進められていて、男性型脱毛症で悩む人たちにとっては治療方法にたくさんの選択肢ができたのですが、同時にどのような方法で薄毛を治すのかを自分で決めることになるため、男性型脱毛症が起こる原因を詳しく知っておく必要があります。

 
AGAが「男性型」脱毛症と言われるのは、男性ホルモンのテストステロンが薄毛の発症に深く関わっているためで、体内に存在しているテストステロンはもともと悪い働きをするものではなくて、男性的な魅力を増やすホルモンなのですが、毛乳頭細胞の中で5αリダクターゼという酵素と結合することによって、さらに強力な作用を持つジヒドロテストステロンに変わります。ジヒドロテストステロンは毛の発育に関係する毛母細胞に影響を与えてしまうので発毛のサイクルが乱れて、その結果丈夫な毛が育たなくなり、細くて弱々しい毛になったり成長の途中で抜けてしまったりして、それが繰り返されることで頭皮の毛髪が減少していくのです。

 

女性薄毛のFAGAは女性男性型脱毛症と呼ばれることから、毛が薄くなるまでの過程はAGAと同じように男性ホルモンの影響がありますが、FAGAとAGAでは薄毛の症状に違いが見られ、男性の薄毛の場合は前頭部の毛が徐々に後退していくなどの症状が起こるのに対して、女性の薄毛ではこうした症状は見られず、髪の毛が細くコシがなくなり全体的に薄くなって髪の隙間から地肌が見えるようになります。もともとの脱毛症の原因は同じであるのに、なぜ女性は髪がなくならないのかというと、髪を育てるのに欠かせない女性ホルモンのエストロゲンが、女性の場合は一定量の分泌が行われているためで、エストロゲンが順調に分泌されている時には、薄毛などの症状は起こらないのですが、加齢やストレスなどの影響でホルモンバランスが崩れてしまうと、エストロゲンの分泌量が減ってしまうため、髪を育てる力が弱くなりハリとコシのないボリューム不足の毛髪になってしまうのです。

 
女性男性型脱毛症の症状を改善するためには、女性ホルモンの分泌を整えることが重要になるのですが、エストロゲンは年齢が上がると次第に分泌が減少してしまうので、ホルモンバランスを整えるには日常生活の些細なことから気を付けていくことが大切になり、細胞が活動するための栄養成分が不足してしまうようなダイエットは控えて、摂取した栄養分を体全体に行き渡せるように、血行が良くなるように体を冷やさないようにしましょう。入浴の際はシャワーだけで簡単に済ませるのではなく、ぬるめのお風呂にじっくりつかって体を芯まで温めて、保温効果のある入浴剤を利用するのも良い方法で、入浴後には冷えやすい首や腰、足首などを重ね着などで保護しておきます。また、大豆には女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが含まれているので、こうした成分を食事から吸収してホルモンの働きを助けるのも効果的で、大豆を利用した豆腐や納豆などを食べることがおすすめです。

 
ホルモンバランスの調整だけではなく、実際に頭皮に直接働きかける育毛剤や内服薬などの使用を考えている方もいるかもしれませんが、利用の際の注意点としては、男性と女性ではそれぞれ使っている薬が決められているため、ちょうど家にあったからといって、安易に利用しないようにしましょう。プロペシアは薄毛に高い効果をもたらす薬剤ですが、その分副作用が起こる可能性もあり、特にこの薬は男性用になっているため女性はプロペシア禁止で、ホルモンに影響をおよぼすことから妊娠中や授乳中の方は皮膚から成分を吸収してしまうことも考えられるので、何気なく触らないようにするために、身近にプロペシアを置かないように注意してください。

 
女性が利用できる薬剤では、同じような効果を持つミノキシジルがあり、この薬も男性用と女性用に分かれているため、利用する際は成分や用法などをしっかりと確認してから使用するようにすると安心です。女性用ミノキシジルはホルモンへの作用を考えて、男性用よりも配合成分量を抑えているのですが、まれに炎症を起こしたりかゆみが出るといった症状が出る場合もあるので、ミノキシジルに関わらず、薄毛対策のためのシャンプーや薬剤を利用していて、いつもと違った状態を感じた場合には、すみやかに使用を中止してクリニックなどで診察を受けるようにしてください。

男性型脱毛症のメカニズムに関して

男性型脱毛症は、前頭部から頭頂部のヘアサイクルが乱れ、成長期が短くなり、十分に成長できていない細くて短い産毛のような髪の毛が増えてくることが特徴となっており、このことを一般的に軟毛化と言います。具体的なヘアサイクルのメカニズムで比べると、正常なヘアサイクルは髪の毛と毛乳頭が完全に離れて毛母細胞での細胞分裂が停止する休止期が約3~4か月で、毛休部にある毛母細胞の分裂から伸び始めて毛が生え始める成長期が約2~6年、毛球が縮小して毛を成長させていた毛母細胞での細胞分裂が減少する退行期が約2週間ですが、男性型脱毛になると、髪の毛の休止期が3~4か月、成長期が数カ月~1年、退行期が2週間ということになり、男性型脱毛になった場合、毛包はとても小さく、小型化しているのが特徴です。

 

薄毛や抜け毛の原因としては、隔世遺伝などの遺伝子型脱毛や、不規則な生活や間違ったシャンプーのやり方など、さまざまな事柄が考えられていますが、最新の研究では、男性型脱毛の原因の9割は、悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロン(以下DHT)にあると言われており、DHTは、テストステロンが不足することによって生まれることがわかっています。また、頭髪の工場と言える毛母細胞と皮脂を分泌して皮膚や毛髪の保湿や保護をする皮脂腺に悪影響を与え、髪の生成を妨げると言われています。このことを理論的に説明すると、テストステロンが体内で不足すると(最近の研究では脳の認知機能をつかさどる海馬の神経シナプス数が減少するという研究結果が報告されており、ストレス耐性や認知機能が低下し、抑うつ症状を引き起こすと考えられています)、不足分を補おうとしたテストステロンが毛母細胞中の酵素である5aリダクターゼと結合し、この結合によって、DHTが生まれます。このDHTが毛母細胞における髪の育成を妨害し、さらに皮脂腺を刺激し、皮脂が過剰に分泌し、その結果、その皮脂が毛穴の古い角質と混ざり合って毛穴を塞ぎ、髪の育成を妨げることになり、結果として髪の毛の軟毛化が多々起きてしまいます。

 

DHTの働きとしては、髪の育成を妨げることや、ひげなどの髪以外の体毛を濃くすること、精力が減退することや、過剰に分泌された場合には前立腺肥大や前立腺がんになる可能性があることなどが現在わかっています。これに対して、テストステロンは、毛根を強くすることや、骨の形成、筋肉の維持や認知機能の老化防止、血管機能の健康維持や、やる気や行動力の増進、性欲の増加や精子の形成や、脂肪蓄積の抑制、抜け毛を防ぐ働きなどがあると考えられており、一般的に男性の髪の毛が女性の髪の毛よりも太いのは、テストステロンの分泌量が多いからだと言われています。因みに、上記の5aリダクターゼとは5α還元酵素とも言われ、薄毛の原因物質の1つでもあり、I 型と II 型の2種類あることがわかっており、5α還元酵素 I 型は皮脂腺に多く存在し、5α還元酵素 II 型は毛乳頭に多く存在していると言われており、薄毛の原因は5α還元酵素 II 型影響がより大きいと考えられています。

 

男性型脱毛症の検査に、アンドロゲン受容体という検査があり、アンドロゲン受容体とは、男性ホルモンのDHTなどを受け取る受容体であり、アンドロゲン受容体遺伝子を鋳型にして合成されると考えられており、この合成率はひとによって個人差があり、ある特定の塩基配列の長さを測定することによって、DHTやアンドロゲンの影響を受けやすいかどうかを調べることが可能となっており、検査内容としては、DNA塩基配列の長さを分析する検査であり、男性ホルモンに関与しているアンドロゲン受容体において特異的に配列しているDNA塩基配列を分析する検査となっています。DNA塩基は4種類の塩基、A(アデニン)、G(グアニン)、C(シトシン)、T(チミン)から成り立っており、各遺伝子は特有の塩基配列によって構成されていることがわかっています。アンドロゲン受容体遺伝子は6個のエクソン(m-RNAに移し変えられる領域)から成り立っていますが、そのうちの第1エクソンにはDNA塩基配列に個人差が存在しており、この個人差を塩基配列決定法などによって調べることが可能となってます。検査結果は約1か月くらいかかり、この検査結果は個人情報などの関係から、電話での結果報告はできないようになっているので、クリニックで医師からの詳しい説明を受ける必要があります。

AGA治療病院で行われるHARG治療や育毛メソセラピーとは

年齢を問わず、薄毛で悩んでいる男性は多いですが、そんな方にオススメなのが男性型脱毛症の病院での治療の診療で医療的に有効だといわれているHARG治療や育毛メソセラピーと呼ばれている頭皮から直接プロペシアやミノキシジル、グロースファクターと呼ばれる成長因子を注入するという方法で、1回につきHARG治療では10万円前後、育毛メソセラピーは2万円前後かかります。この2つの効果はほとんど同じで、やり方も同じなのになぜこれだけ価格に違いが出るのかといいますと、HARG治療で使われている薬がHARGカクテルというブランドのものを使っているからで、薬剤の中身は育毛メソセラピーのものと同じですからきちんとブランドになっているものを使っているかどうかでこの価格の違いが出ているというわけです。

 

一般的な治療方法にはプロペシアなどの薬を内服するというものがあり、これは医師の処方によるものですから薬局では買えませんので海外からの個人輸入をする人も多いのです。海外産の薬はジェネリック医薬品があるので日本で購入するものよりはかなり安い価格で購入することができますが、安全性という意味では偽物も多く出回っていますから自分で信用できる業者を見つけて購入する必要があるのが問題なところで、HARG治療や育毛メソセラピーは医師が直接行なうものですから安全性はもちろん信頼できます。

 

ではどんな方法で行なうことができるのかといいますと、例えばニードル法は注射針で頭皮に薬を注入するやり方で、以前はこれが通常行なわれる方法だったのですが、人によって痛みが大きかったために現在ではほとんど使われない手法となったのでこれに代わってあらわれたのが痛みが全くなく薬の浸透率も良い先が丸い棒状の機器から炭酸ガスを利用して薬を注入するノンニードル法で、最近開発されたエアーショットと呼ばれるものはメドジェットという機械を使ってニードル法のような針を頭皮にさしてする方法ですが、使われる針がニードル法とは違って30ミクロンという注射針の10分の1ほどの太さしかないので全く痛みを感じることがありません。

 

注入する薬の中でも最も重要だといわれているのがグロースファクターと呼ばれる成長因子で、太くて丈夫な髪を育てるためには非常に重要な鍵になるものだといえるのです。グロースファクターにもいくつかの種類があって、毛母細胞の分裂が活性化して、髪を成長させることが出来るKGF、髪の毛周期で休止期からの脱毛において髪の脱毛を促すFGF-5の分泌と毛乳頭細胞への結合を阻害し、髪が抜けにくい環境を作り上げるFGS-5S、頭皮の毛細血管の活性化や毛乳頭細胞に栄養や酸素をしっかりと行き渡らせて髪の成長を促すVEGFなどがあります。

 

実はミノキシジルに関してはM字型の男性脱毛症などに効果があまり感じられないという人も少なくなく、これを服用したり治療で使っても意味がないのではないかという結果に行き着いてしまっている方もいますが、育毛メソセラピーなどではM字型の男性型脱毛症にもしっかりと効果があらわれることがわかっていて脱毛症の状態に関係なく、その発毛率は驚異の99%だということがわかっています。M字型の場合、額のあたりに育毛剤を塗布しなければいけないのでなかなか浸透させることが難しく、せっかく塗布した液が浸透する前にたれてしまうことで効果が出にくくなっているということが考えられ、HARG治療では塗布するのではなく頭皮に直接注入するので効果がよりあらわれやすいのだと考えられるのです。M字型の方は思い切ってこれらの治療方法を受けてみるのも良いのではないでしょうか。

 

男性型脱毛症を昔であれば諦めなくてはいけない症状だったのかもしれませんが、今ではいろんな改善方法が見つかり、実際に髪の状態が改善されて前向きな気持ちになったという方が大勢いますし、男性型だけではなく女性においても薄毛の改善は目に見えて変わることができています。そのためにはまず悩んでいるのではなく、なるべく早い段階で専門家に相談に行くということが大事ですし、それが早期改善へとつながっていくことになります。特に若い年齢の方は薄毛になってしまうとコンプレックスの塊になってしまうことがあるのでそれは良いことだとはいえませんので、専門病院もあるので若者らしく明るい生活を送るためにも1人で悩まずに行動しましょう。

厚生労働省が「プロペシア」について注意喚起していることとは

現在の日本でも老若を問わずに悩んでいる方が多いのが男性型脱毛症で、今では専門クリニックもたくさん出来てきていますので改善するチャンスも多く、主に男性型の薄毛に効果的だといわれるプロペシアを使った治療がよく行なわれるようになってきています。しかしこのプロペシアについては厚生労働省や米国食品医薬品庁(FDA)から注意喚起が出ており、厚生労働省によるとプロペシアの主成分であるフィナステリドは男性限定であり、女性に対して使用しないように気をつけなくてはいけないのですが、理由は女性が妊娠中にこの成分に触れてしまうと体内に吸収されて新生児奇形になってしまう恐れがあるからです。これはプロペシアだけではなくプロスカーにおいてもそうだといわれており、もし体内にいるのが男児だった場合に性器に異常があらわれる可能性がありますから、女性や子供がいる場所では絶対に薬をカットしたりしないようにしなければいけませんし、もしいない所でするとしても粉を落とさないようにする必要があります。

 

またフィナステリドの副作用としてあるのが男性のED症状が出てしまうことで、勃起しにくい体になったり、勃起はするけれども行為の最終的な射精にまでは至らないという状態に陥りやすいので薄毛が改善されてきたはいいけれど、今度はまた別の問題で悩むことになってしまったという事態も有り得るということです。ただこのED症状などがプロペシアやプロスカーを服用している全ての人に起きるわけではありませんから、そこは誤解しないようにしてそういうこともあるんだということを頭の片隅に置いておくようにするのが良いということで、特に奥さんや彼女と一緒に暮らしている方は手に触れることがないように相手にもきちんと説明しておくほうが良いですし、相手のほうにも注意をしてもらうようにしたほうが危険を避けることができるでしょう。

 

また現在では薬の服用ではなく、頭皮に直接注入するという方法で改善をすることができるものもありますから、女性や子供が薬に触れないですむ方法の一つとしてその治療を受けてみるのがよいといえるでしょう。この方法を育毛メソセラピーやHARG治療といい、この2つはどちらも同じやり方で同じ効果があるものなのですが、HARG治療のほうがブランドになっている薬を使うために1回あたりの価格が育毛メソセラピーの5倍ほどしているという事実があります。ただこれはあくまでブランドの薬にこだわるかどうかということだけですから、あまりブランド云々は関係ないということであれば治療を続けるということを考えてもリーズナブルな育毛メソセラピーのほうを選択するほうがやりやすいのではないでしょうか。

 

現在では男性型脱毛症の専門クリニックができていますし、そういうところではあらゆる方面から治療にあたっていきますので改善への近道となる可能性が高いですし、この育毛メソセラピーにおいても成長因子も注入することによって、薬だけでは補えない部分もカバーして強くて丈夫な毛を少しでも多く生えさせるように治療していくことができます。特にM字型の薄毛の場合は額付近の毛であるということで育毛剤の塗布も難しいということがあり、頭皮に薬剤が浸透するよりも前に垂れ落ちてしまうことも多いですから、直接頭皮に注入するという方法は画期的だといえるでしょう。価格は1回につき、HARG治療であれば10万円前後、育毛メソセラピーであれば2万円前後でそのクリニックによって価格設定は少し違ってきますから、そのクリニックの評判と価格などを比較してから選択するのが良いです。

 

そして育毛に関しては毛周期の関係もありますので皆が皆同じ期間で改善するというものではなく個人差があるものですからのんびりと気楽な気持ちで長い目で見ながら治療していくつもりでいるのが良いですし、とにかく続けていくということを目標にしておき、他人の育毛ばかりを気にせずに自分は自分であるという風に考えて、あくまで他の方の治療については参考程度にしておくのが正解ですし、短期間でいろんなものを試すのではなく自分にあったものを見つるのが先決です。薬だけではなく、自分の食生活などの生活習慣を変えていくことも髪に良い状態を作り出すことへとつながっていくので、髪に良い食べ物を食べたり、適度な運動をできれば毎日するようにしたりするのがオススメです。